テーマは“介護ごはん”! 三人寄れば文殊の知恵。100人のアイデアは鬼に金棒!!!

今回のテーマは、“介護ごはんについて”です。かむこと、飲み込むことが難しくなった時の食事のアイデアを100人にアンケート!!三人寄れば文殊の知恵。100人のアイデアは鬼に金棒!!!きっと役立つ工夫やメニューが満載です!



□□□□□□


 
『これが便利です!』

☆「先割れスプーン」&「シリコンスプーン」
 

先割れスプーンがおすすめです。その場で小さくカットすることもできるし、さすこともできて便利です。曲がるストローも助かります。(みっこ)


スプーンはシリコンで柄の長いものを使っています。赤ちゃん用離乳食スプーンが全般的に使えます。(とくまま)


シリコンスプーンは口当たりが良いみたいで、とても気に入っています。トロッとしたものもきれいにすくえて、音もしなくて使い勝手も良いです。(ぐうママ)

 

□□□□□

 

『時短におすすめ!』

☆「圧力鍋 」& 「赤ちゃん用離乳食」
圧力鍋を使うと時短で用意できます。小さいおにぎりを3つ作れる100円ショップのグッズもおすすめです。(まる)


赤ちゃん用の離乳食を活用しています。栄養バランスも良いし、時短になります。(クワバ)
 
 
☆「冷凍ストック」
寝たきりになってくると、かむ力も衰えてきたり、入れ歯が合わなくなってきたりします。その日の体調に合わせていつでも食べられるように、製氷器で野菜スープなどを凍らせてストックしています。(かずみん)

片栗粉でとろみをつけて冷凍すると、解凍したときにシャバシャバになってしまいますが、コーンスターチなら解凍してもとろみが保たれます。(まゆき)

 
ご飯をだいぶやわらかめに炊いて小分けにして冷凍しておきます。レンジでチンしてそのまま食べたり、おかゆやおじやを作ったりしています。(まきちょこ)


じゃがいも、さつまいも、かぼちゃの裏ごしは、とろみを入れなくても大丈夫だったので助かりました。まとめて作り、小分けにして冷凍していました。(すいか)


 

**ごはんを食べやすくする工夫**

☆「刻む」&「煮る」&「とろみ」「あんかけ」
 

食材はみじん切りではなく、何の食材か分かるような大きさで刻みます。里芋などヌルッとするものの方が飲み込みやすいように思います。(まきちゃん/かむ力が弱い)


刻むだけでは口の中でかたまりを作れず、飲み込むのが大変に。あんかけ状にすると食べやすいみたいです。(なつとも/かむ力が弱い)


むせることがあるので、汁物には必ずとろみをつけています。コープの「とろみちゃん」が便利です。(さくら/問題なくかめる)


食材を細かくしすぎても飲み込みがうまくできず誤嚥性肺炎を引き起こします。ある程度かたちがあり、やわらかさがあると口腔内で細かくなり食道へ落ちていきます。ただ人それぞれ症状が違うので、専門指導の先生(ST)に評価してもらうのが一番です。(くま/問題なくかめる)


◇◇◇◇◇

 

 

☆「一度に栄養」&「マイルド仕上げ」
 

一品目でできるだけ栄養が摂れるようにしています。好きな料理をベースに栄養のバランスを考えて食材を足し、たくさん食べられるようにしています。(じんたん/問題なくかめる)


鼻やのどの粘膜が弱くなっているので、スパイスなどの刺激物はなるべく控えめにしています。酢の物は、酢を電子レンジで加熱してマイルドになるようにしています。(くるりん/問題なくかめる)


 

**ごはんを食べるときの工夫**

☆見た目も楽しませます。

~  盛り方 & お皿 & お弁当箱  ~
同じようなメニューでも、盛り方やお皿を変えるようにしています。ピックを使ったり、お弁当箱に入れてあげるとよく食べます。(まめ/問題なくかめる)


かむ力が弱いので刻み食にしていますが、刻んだ物を元の食材に近い形にしています。例えば、ナスを刻んで元のナスの形に作ります。お魚も同様に、ほぐしてはまたお魚の形にしています。(きらりん/かむ力が弱い)

 
お皿に、お箸で崩せるほどやわらかく煮た野菜(大根やにんじんなど)を花形で型抜きして置き、青菜をペースト状にして、茎や葉っぱを描きます。目でも楽しめるようにするととても喜びます。(りっぴっぴ/かめない)


お盆や小皿を何種類も用意して、色も楽しめるようにしています。(サンタママ/問題なくかめる)


 

◇◇◇◇◇

 

☆声かけをしています。

~  食べる興味や意欲をアップ  ~

 

刻み食やペースト食は料理や食材がわかりにくいので、料理名や食材の名前を言いながら、鼻先にスプーンを近づけて、香りで楽しめるようにしています。(大石/かむ力が弱い)

本人が好きなものを工夫して作り、明るく優しく声をかけています。(めだか/問題なくかめる)

 
刻んだり、ペースト状にする前の料理を見せて、まずは目で楽しんでもらっています。同じ料理を一緒に食べながら、匂いや味を伝えています。(ミィー/かめない)


食材は、細かく切ったり、すりつぶして滑らかにしています。誤嚥を防ぐために、自分もかむ真似、飲み込む真似をして、声かけをしながら食事をしています。(しまうま/問題なくかめる)


家族と違うメニューだと疎外感を感じるかもと思い、やわらかい部分を取り分けて、同じ料理を囲めるようにしています。(きり/問題なくかめる)


 

介護ごはんにも便利なコープの「赤ちゃん用離乳食」

離乳食の活用について多くの方からコメントがありました!


国産野菜で作ったなめらかキューブ
5種の緑黄色野菜&根菜
6個×2種類(120g)

国産の野菜に水を加えて、繊維が口に残らないほど滑らかにした野菜のキューブです。1個10gのキューブが、ひとつずつトレイに入っているので使いたい分だけ取り出して使えます。

☆ちょこっとアレンジ→ レシピはこちら
ミルクと根菜野菜のゼリー
さつまいもサラダ







 

~ ユーコープでは介護食などお食事のお届けも承っています~
管理栄養士監修「コープの健康管理食」

お体の状態に合わせて4つのコースからお選びいただけます。

 

◇「やわらか普通食」
◇「介護食(きざみ・ムース食)」
◇「カロリー調整食」
◇「たんぱく調整食」

5日分のお食事を、おいしさそのまま毎週土曜日に「冷蔵」でお届けします。

くわしくはこちら

◇◇◇◇◇

 

・ ほ か に も 役 立 つ ア イ テ ム い ろ い ろ !・
おうちCO-OPの介護用品カタログ
 「 Care Time(ケアタイム) 」を隔週で発行しています。
 


最後まで読んでいただきありがとうございました。今回の企画が毎日の暮らしにお役に立てれば幸いです。またお会いできる日を楽しみにしています。   
ゴハンのもと編集部

 

※今回の「みんなの知恵」は、2019年8月<Uモニ>みんなの知恵アンケートで寄せられたユーコープの組合員の声を元にしています。