年末の大掃除、ストック在庫も整理しよう! ひと工夫で生まれ変わるアレンジレシピ!

年末の大掃除シーズン、ご自宅に眠っているストック食材も一緒に整理してみませんか?まとめ買いしたものや災害時に備えているものなど、実は賞味期限が短くなっている食材が出てくるかも!今回はあると便利な常備品を使ったレシピを紹介します。
 
 
- c o n t e n t s -
☆ メリハリのきいた味わい!ひじきのスパイシーサラダ
☆ 食べごたえ十分!豆と挽肉の炊き込みご飯
☆ フライパンひとつで!さば缶のドライカレー
☆ 台湾の屋台の味! 台湾風卵焼き
☆ 余ってしまった食材は「フードドライブ」へ♪




 

メリハリのきいた味わい!
ツナのうまみを活かした簡単サラダ

【ひじきのスパイシーサラダ*mioレシピ】

<材料:2人分>
ひじき(缶詰)・・・1缶
ツナオイル漬け(缶詰)・・・1缶
ミニトマト・・・4個
かいわれ菜・・・1/4パック
しょうが(みじん切り)・・・小さじ1
しょうゆ・・・大さじ1/2
酢・ごま油・・・各小さじ1
タバスコ・・・少々

<作り方>
(1)ひじきを皿に広げ、ラップをかけずに600Wの電子レンジで約5分加熱し、水分をとばします。
(2)ボウルに1・油を切ったツナ・半分に切ったミニトマト・ざく切りにしたかいわれ菜・合わせておいたしょうが・しょうゆ・酢・ごま油・タバスコを入れ、全体をあえます。


 

食べごたえ充分!
お豆が入った炊き込みご飯♪

【豆と挽肉の炊き込みご飯*mioレシピ】
<材料:2人分>
合い挽肉・・・100g
ミックスビーンズ(缶詰)・・・1缶
きゅうり・・・1本
にんにく(みじん切り)・・・1/2片
米・・・1合
湯・・・200ml
しょうゆ・・・大さじ1と1/2
砂糖・・・大さじ1

<作り方>
(1)フライパンに挽肉・にんにく・しょうゆ・砂糖を入れて菜箸で肉をほぐし、中火にかけます。挽肉の色が変わり、汁気がほぼなくなるまで炒めます。
(2)1にミックスビーンズ・角切りにしたきゅうり・洗って水気を切った米・湯を加えて軽く混ぜます。強火にし、煮立ったらふたをして弱火で約15分加熱。火を止め約10分蒸らしてから、しゃもじで全体を混ぜ、器に盛ります。


 

フライパンひとつで!
栄養たっぷりお手軽カレー

【さば缶のドライカレー*mioレシピ】
<材料:2人分>
さば水煮(缶詰)・・・1缶
玉ねぎ・・・1/2個
にんじん・・・1/3本
にんにく ・・・ 1片
油・・・小さじ1
パセリ(みじん切り) ・・・ 適宜

<A>
ウスターソース・・・大さじ1
トマトケチャップ・・・大さじ1
カレー粉・・・小さじ1
しょうゆ・・・小さじ1
こしょう・・・適量

<作り方>
(1)玉ねぎ・にんじん・にんにくをみじん切りにし、油を熱したフライパンでしんなりするまで炒めます。
(2)1にAを入れて軽く炒めたら、さばを缶汁ごと加え、ほぐしながら汁気がなくなるまでさらに炒めます。
(3)器にご飯を盛り、2をのせ、お好みでパセリを散らします。

 

台湾の屋台の味!
切干大根の歯ごたえと干しえびの旨みが◎

【台湾風卵焼き*mioレシピ】
<材料:2人分>
卵・・・3個
切干大根(乾)・・・20g
小ねぎ(小口切り)・・・2本分
干しえび(みじん切り)・・・大さじ1
オイスターソース・・・小さじ1と1/2
ごま油・・・大さじ1

<作り方>
(1) 切干大根は1分ほど水に浸してかためにもどし、ざく切りにしてオイスターソースをからめます。
(2) ボウルに卵を入れて溶きほぐし、1・小ねぎ・干しえびを加えて混ぜます。
(3) フライパンにごま油を熱し、2を一気に加えて菜箸で大きく数回かき混ぜます。弱火にしてふたをし、表面が半熟状になったら裏返してさらに焼きます。

 

余ってしまった食材はフードドライブへ

改めて食材を整理してみると、買いすぎてしまったものや使いきれないものなど、ご自宅で眠っている食品もあるのではないでしょうか。

ユーコープの店舗では、そうした食品を集め、各県のフードバンクを通じて生活に困窮し食の支援を必要とする方々に届ける「フードドライブ」活動を行っています。


【フードドライブに寄付できる対象食品】
―――――――――――――――――――――――
・常温保存でき、未開封であること
・賞味期限が明示され、残り2か月以上であること
―――――――――――――――――――――――

毎年1月と8月にユーコープの全店舗で、神奈川の一部の店舗では通年で実施しています。
皆さんから寄せられた食品は、フードバンクかながわ、フードバンクふじのくに、フードバンク山梨へ寄贈しています。

また生協の宅配おうちCO-OPにおいて、パッケージの傷やへこみなど組合員にお届けできない商品なども寄贈しています。
※山梨県一部地域を除く

 
おうちCO-OP宅配センターからフードバンクふじのくにへ寄贈した際の様子
おうちCO-OP宅配センターからフードバンクふじのくにへ寄贈した際の様子
各フードバンクのホームページのご案内
フードバンクかながわ
フードバンクふじのくに

フードバンク山梨


実は日本では、まだ食べられるのに捨てられてしまう食品が年間約600万トン以上あります。日本人1人当たりに換算すると、毎日茶わん約1杯分の食品を捨てていることになります。一方で、相対的貧困率(所得が平均の半分以下となる世帯)は15%以上と年々増え、7人に1人が食べ物の支援を必要としています。


使いきれない食材がご自宅で見つかった際には、ぜひユーコープの店舗に設置しているフードドライブ回収ボックスにお持ち込みください。

 

フードドライブ常設の店舗はこちらから

 

フードバンクの寄贈先からお話を聞きました

横浜市こども青少年局の熊倉さん(左)と、横浜市母子寡婦福祉会の有村さん(右)
横浜市こども青少年局の熊倉さん(左)と、横浜市母子寡婦福祉会の有村さん(右)


横浜市は、新型コロナウイルス感染症の影響で生活が困難になったひとり親家庭に食品を提供する「ぱくサポ」を8月からスタートしました。現在、月16回程度、横浜市内の地区センターなどで実施し、利用者にフードバンクから提供を受けた食品をお渡ししています。

ぱくサポを受託する横浜市母子寡婦福祉会の有村さんは、「緊急事態宣言後、さまざまな理由で生活に困っている人がいます。利用者から、『食べ盛りの子どもがいるのでありがたい』『外に働きに行けなくなり困っていたので助かる』など感謝の声が届いています。皆さんのあたたかいご支援のおかげです」と話します。

また、横浜市こども青少年局の熊倉さんは、「フードバンクに食品を寄贈することは、誰かの役に立つことはもちろん、食品ロス削減にもつながります。食品を寄贈する側、受ける側。お互いに自然な形で支えあっていけたら」と話します。


 
◇◇◇



私もこれを機に家の中に眠っている食材を探してみました。「いつか使うだろう」と思ってお得な時に買っていた豆や海藻、中華系合わせ調味料の賞味期限が近づいているのを発見!ついつい買いすぎてしまうことを反省しました…。近くのユーコープのお店に回収ボックスがあることが分かったので、今度届けに行ってみようかな。

最後まで読んでいただきありがとうございました。今回の企画が毎日の暮らしにお役に立てれば幸いです。またお会いできる日を楽しみにしています。
ゴハンのもと編集部

紹介したレシピは、ユーコープの機関誌mioに掲載したレシピです。
機関誌mioは、毎月無料で発行しています。おうちCO-OPやユーコープのお店でも配布しています。