どうして農薬は必要なの?残留農薬って何?正しく知って不安を解消しよう!

皆さん、「残留農薬」とはどのようなものかご存じですか?「なんとなく体に悪そう…」そんなイメージをお持ちの方が多いかもしれません。今回は、残留農薬に関する情報をお届けします。
野菜や果物を栽培するとき、病害虫などからの被害を防ぐために農薬を使用することがあります。作物に付着した農薬は、作物が持つ酵素や太陽光などで分解されたり、揮発して減っていきます。それでも残ったものが残留農薬です。
一般的に、農薬による病害虫対策を行わなかった場合、収穫量は大幅に減少することが知られています。
農薬を使用することにより、少ない労力で一定の効果が得られるため、安定した収穫量を安定した価格で流通させることができます。生産する側、消費する側の双方にメリットがあるのです。

 
食品衛生法の基準に沿って、農薬が基準を超えて残留しないように、農薬取締法で使用方法が決められています。
また、基準値を超えて残留する食品の販売・輸入などは禁止されています。
国内の農作物はJAなどの団体や地方自治体が、輸入農作物は国が監視を行っています。
 
商品検査センターだより

ユーコープ商品検査センターでは、産地指定の農産物を中心に、果物や輸入の冷凍野菜、地場野菜などの残留農薬検査をしています。
近年では、農作物や土壌への残留性が高く毒性が強い農薬は、販売が禁止・制限されています。これからも農薬の種類や量を誤る事例、意図的な混入などがないことを検証していきます。
(理化学検査担当 伊藤 孝就)
 
商品お申し出事例①

みかんの表面に白いものが付いている。
農薬ではありませんか?


【回答】
検査の結果、農薬は検出されませんでした。白く残っているのは、かんきつ類に使用される肥料の「炭酸カルシウム」と推測されます。
かんきつ類の色付きをよくし、果実の体質強化のために用いられます。
 
商品お申し出事例②

桃を食べたら苦味・渋味を感じ、何度ゆすいでも取れない。原因が農薬
だったら怖い。


【回答】
検査の結果、農薬は検出されませんでした。未熟な桃には、苦味を感
じるポリフェノール(タンニン)が多く含まれており、この成分によるものと推測されます。
桃が成熟すると糖分が増え、この苦味や渋味は感じなくなります。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
自分や家族の口に入るものだからこそ、ちょっとしたことでも心配になりますよね。
ユーコープでは、これからも皆さんに安心していただける商品をお届けします。

今回の企画が皆さんの暮らしにお役に立てれば幸いです。
またゴハンのもとをのぞいてみてくださいね。

ゴハンのもと編集部