小規模パーム農家の支援につながる洗剤、 CO・OPセフターエナジー

雨が多いこの季節に においの元を防いで部屋干しでも安心!

梅雨時は洗濯物を部屋干しする機会が増え、生乾きのにおいが気になる方も多いのではないでしょうか。そんなときに大活躍する洗剤が、「CO・OPセフターエナジー抗菌・防臭」です。
セフターエナジー抗菌・防臭は、W酵素を配合し、においの元となる汚れをしっかりと分解。さらにW抗菌成分が、菌の繁殖を抑え、嫌なにおいの発生を防ぎます。繰り返し生産できる植物原料を洗浄成分の一部に使用し、蛍光剤や着色剤といった添加物は使用していません。利用されている皆さんからも好評です。

・5年以上使っています。たまに他の商品に浮気しますが、結局セフターに戻ります。すすぎ1回で時短になるし、生乾きのにおいもなくなるし、お値段も手ごろだし…とにかく使い勝手が良い!(nullさん)
・いつも落ちなかった夫の作業着のにおいが消えました。良い洗剤が見つかってよかったです(milkyさん)

商品詳細情報はこちら
 

今までも、これからも。声に応えて、進化を続けます

生協で衣料用洗剤の開発が始まったのは、今から約60年前です。当時、全国で問題となっていたのは洗剤による河川の汚染など水環境への影響。商品開発を続け、1969年により生分解性が高い高級アルコール系界面活性剤を利用した衣料洗剤「コープセフター」が誕生しました。
「セフター」という名前には、「安全(Safe)、安心な洗剤を」という想いが込められています。誕生から50年以上経つ現在でも、商品に込められた想いはそのまま、組合員の声を大切に、より使いやすい洗剤を目指して改良を続けています。
 

コープの洗剤環境寄付キャンペーンを実施しています

対象商品をお買い求めいただくことで、ボルネオ島の環境保護を支援するキャンペーンです。寄付金は、小規模パーム農家の生産体制の改善支援などに使用されます。
 
コープの洗剤環境寄付キャンペーンとは
2011年より取り組みをスタートし、2017年までに「ボルネオ緑の回廊」プロジェクトや地域の環境団体へ34,128,598円を寄付しました。2018年からはWWFジャパンがインドネシア領ボルネオ島で進めるプロジェクトに支援先を変更し、インドネシア西カリマンタン州の保護価値の高い森林に近いエリアにある小規模パーム農園の持続可能な生産を支援しています。

詳しくはこちらをご覧ください。