熱々の料理にも負けずに使える! CO・OP電子レンジにも強いラップ

毎日の食事作りに電子レンジ調理が欠かせないという方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが「CO・OP電子レンジにも強いラップ」です。耐熱温度は180℃と市販されているラップの中でも最高水準を誇ります。

※2020年11月現在

熱に強い素材を使用 食品の温めだけでなく、食材の下ごしらえや調理にも

「わが家のレンジ用ラップはずっとコレです」(なおぽんさとぽんさん)「熱に強いところが気に入っています」(すずっちさん)と、利用者の皆さんから高く支持されている一番の特長は、耐熱温度の高さ。ラップの耐熱温度は110℃~140℃が一般的で、素材によってはレンジ調理の際に縮んだり、穴が開いてしまうことがあります。一方、「電子レンジにも強いラップ」の耐熱温度は180℃。そのため、溶ける心配がほぼありません。耐熱温度の高さの秘密は、主成分であるポリメチルペンテンというプラスチック素材。医療機器の原料としても使われるほど熱に強い素材のため、カレーや揚げ物など油分の多い食品の温めはもちろん、離乳食など食材の下ごしらえや調理にも安心して使うことができます。

※油分の多い食品は直接包まず、お皿などに入れて温めてください。

利用者の声を聞きながら改良 引き出しやすく、より便利な商品に

より便利で使いやすい商品にするため、全国の利用者の声をきき、商品の改良を重ねています。「使い始めるとき、ラップが剥がしにくい」という声がありましたが、引き出し部分を丸める「カール加工」という新しい技術を取り入れることで、簡単に剥がせるようになりました。また、ラップ本体の長さは変えずに、外箱をコンパクトにしたことで、「握りやすくなった」「重みを感じることなく、カットしやすくなった」という声も届いています。

◆商品情報はこちら