具材が変わればこんなに変わる!? 今すぐまねしたくなる「 アイデアおむすび & おにぎらず 」!!

ますますご飯がおいしい季節になりましたね。今回のテーマは、お米が主役の「おむすび」です。一度にもりもり食べられるおむすびは、お手軽、簡単、超便利!いつもの具材もいいけれど、ちょっとしたアイデアで、見た目も味もボリュームも驚くほど変身します。お弁当に、イベントに、パーティーに!約150人から届いたアイデアおむすび、ぜひ色々な組み合わせでお楽しみください♪
 

 

- c o n t e n t s -
☆ 簡単アレンジ!いつもの具にひと工夫!
☆ +  オリーブオイルで!
☆ 余ったおかずを使って!
☆ たっぷり具材のボリューム系!
☆ こんがり“焼きおにぎり”!
☆ 色々はさんで、“おにぎらず”!
☆ その他にもこんなアイデア!

□□□□□

簡単アレンジ! いつもの具にひと工夫!

わかめご飯 + 【さばマヨ】
さば缶と玉ねぎのみじん切りをマヨネーズで和えて、わかめご飯の真ん中に入れます!(Rioka85)
 
梅干し・かつお節 + 【大葉】
梅干しとかつお節をご飯に混ぜて、大葉で巻けば出来上がり!(ぽんちゃん)
 
鮭 + 【たくあん&ゴマ】
ほぐした鮭に、細かく切ったたくあん、粗くすったごまを混ぜ合わせて具にします!(M.K)
 
たらこ + 【バター】
たらこ(または明太子)をバターで軽く炒めてからにぎります!とてもおいしくて、子どもも大好きです。(あずき)
 
ツナ + 【白菜漬け】
ツナに、細かく切った白菜漬け、しょうゆを混ぜてにぎるだけ!(ピーター)
 
ツナマヨ + 【砂糖&しょうゆ】
ツナにマヨネーズだけでなく、砂糖としょうゆを混ぜると和風照り焼き風味になります!(Annちゃん)
 
かつお節 + 【パルメザンチーズ】
多めのかつお節に、パルメザンチーズをたっぷり入れるとおいしいです。塩で味の調整を!(ニャッキ)
 
塩昆布 + 【コープの茶豆】
塩昆布とコープの茶豆をご飯に混ぜておむすびにします。彩りもきれいです。(とりっぴい)
 
海苔の佃煮 + 【わさび&マヨネーズ】
海苔の佃煮に、わさびとマヨネーズを混ぜてにぎるだけ!佃煮のコク、わさびのピリ辛感がおいしい!(シンゴ)

+ オリーブオイルで!

ねぎみそ & くるみ + 【オリーブオイル】
みそに、ねぎと刻んだくるみを加えてオリーブオイルを少し入れます。コク深い味わいがヤミツキに!具を多めに作ったら、野菜のディップで楽しむのもおすすめ!(すももん)
 
かつお節 + 【オリーブオイル】
意外なことに、「オリーブオイル」がご飯と相性がいいことを発見!かつお節やとろろ昆布にオリーブオイルを浸み込ませにぎり込んで完成です。減塩のため、ご飯には塩を入れませんが、お酢を混ぜ込めばより一層おいしいです! (かじやん)

余ったおかずを使って!

【ひじき煮】×大葉で!
ひじきの煮物が残ったら、汁気を絞ってご飯にまぶし、おむすびにします。大葉を巻くと具の甘さとのバランスがいいです。(まさちゃん)
 
【豚の生姜焼き】×紅しょうがで!
刻んだ豚の生姜焼き、かつお節、ごま、紅しょうがをご飯に混ぜてにぎります。大人向けですが、紅しょうががピリッと辛口でおいしいです。(るみり)
 
【焼きそば】×紅しょうがで!
焼きそばの残りと紅しょうがをキッチンバサミで細かく刻み、ご飯に混ぜ合わせてにぎるだけ!「簡単そばめしおむすび」の出来上がり。(かぴばら)
 
【きんぴらごぼう】×とろろ昆布で!
きんぴらごぼうを細かく刻んでご飯に混ぜ込み、とろろ昆布で巻くとおいしいです。(さくらがい)
 
【天かす】×めんつゆで!
残った天かすで「天かすおむすび」を作ります。天かすをフライパンで温めて(時短したいときは炒らなくてもOK)、めんつゆを加え、ご飯に混ぜてむすぶだけ。青のりを混ぜてもおいしいです。(ほのすけ)
 
【煮豚の煮汁】×ネギで!
余った煮豚の煮汁でご飯を炊き、それにネギを混ぜておむすびにするのがおすすめです!小さなお肉のかけらが残っている煮汁がもったいなくてやっています。豚の脂が入っているので食べ応えがあります。(ともちゃん)

たっぷり具材のボリューム系!

【 唐揚げ × サニーレタス 】
冷凍食品の小さめの唐揚げを入れておむすびに。サニーレタスで包んでマヨネーズをかけて食べます!(ひかりいし)
 
【 ちくわ × 長ネギ 】
ほどよい大きさに切ったちくわと、みじん切りにした長ネギ(緑の捨てるようなところ)をマヨネーズで炒めれば具の完成!(あき)
 
【 魚肉ソーセージ × チーズ 】
塩・こしょう、しょうゆ少々で炒めた魚肉ソーセージと、プロセスチーズをごはんに混ぜておむすびに!簡単でお腹にもたまります。(れい)
 
【 鶏そぼろ × 炒り卵 】
ほんのり酢をきかせた酢飯に、鶏そぼろ&炒り卵を混ぜてにぎるだけ。(ヴォルフ)
 
【 豚肉 × 大根の葉 】
豚肉と青菜(大根やかぶの葉、小松菜など)をそれぞれ1㎝のざく切りにしてごま油で炒め、塩、しょうゆ、粗びきこしょうで味付けします。ごまを振ったご飯と混ぜ合わせておむすびに!(かごめ)
 
【 豚の角煮 × 高菜 × キムチ 】
複数の具を入れて大きなおにぎりを作ります。例えば、豚の角煮&刻み高菜&キムチで。多めのご飯にそれぞれの具をのせたら、その上にごま、マヨネーズをかけてにぎります。白米が見えないぐらいに海苔を巻けば完成です!これだけの具を入れると250gほどになってしまいますが、1個で大満足なおむすびになります。(はっぱ)
 

こんがり“焼きおにぎり”!

【 ベーコン × チーズ × コーン 】
小さく角切りにしたベーコンとチーズ、コーン缶をご飯と混ぜてにぎります。フライパンにごま油を入れて焼き、チーズがトロリと溶けたら完成!(ユッカ)
 
【 大根の葉 × チーズ 】
大根の葉のふりかけと、サイコロ状に切ったベビーチーズをご飯にまぜて焼きおにぎりに!こんがりチーズが家族に好評です!(おとうふ)

色々はさんで、“おにぎらず”!

【mioレシピ*ごぼう入り肉みそのおにぎらず】
のりの真ん中に茶碗半分ほどのご飯を敷き、レタスをのせます。ごぼう・しょうが入り豚そぼろ、かために焼いた目玉焼きをのせて、再びご飯でサンド。のりを上下左右にくるみ、ラップに包んだら出来上がり!
詳しい作り方はこちら
 
【コロッケ入りのおにぎらず】
主食兼おかずになる、コロッケ入りのおにぎらずが子どもたちに人気です。(hiroko)

【手作りふりかけのおにぎらず】
梅、かつお節、じゃこ、大根の葉などをふりかけにし、おにぎらずを作ります。ハイキングなどに便利です。(ササキ ヒサコ)

その他にもこんなアイデア!

【せんべいを入れて!】
いつもと違う食感を楽しみたい時におすすめ!かつお節、青のり、せんべいを砕いたものをご飯に混ぜてにぎります。(こゆき)
 
【炊き込みご飯で!】
炊飯器に、鮭、玉ねぎ、好きなキノコを入れて炊き込み、それをにぎるだけ!とっても簡単です。(T.I)
 
【野菜を混ぜて!】
子どもが野菜嫌いなので、にんじんやブロッコリーなどをみじん切りやペーストにしてご飯に混ぜています。具は大好きな鮭や昆布なので違和感なく食べてくれます!(まゆ)
 
【ストック具材で!】

炊き立てご飯に、常備している肉みそと食べるラー油を混ぜ合わせて、よくおむすびを作ります。(しとらす)


□□□□□


なんと、どれもまねしたくなるものばかり!これなら毎日おむすびでもいい!? かも(*^-^*) 新米が届くこの季節、おむすびライフを楽しみましょ♪


最後まで読んでいただきありがとうございました。今回の企画が毎日の暮らしにお役に立てれば幸いです。またお会いできる日を楽しみにしています。

ゴハンのもと編集部


※今回の「みんなの知恵」は、2020年6月<Uモニ>みんなの知恵アンケートで寄せられたユーコープの組合員の声を元にしています