管理栄養士に聞く!野菜の保存方法と選び方のコツ【トマト・長ネギ・キャベツ編】

野菜は安いときにまとめ買いするのがお得。でも、気づいたら、使いかけの長ネギが乾燥してしおれていた、なんてこともありますよね。今回は野菜の保存方法を紹介する記事の第2弾。常備野菜の中でも使い勝手のよいトマト・長ネギ・キャベツのおいしい選び方のコツと保存のアイデアをお伝えします。
 
【教えていただいたのはこの方!】
管理栄養士の坂東弘子さん


「野菜によってベストな保存方法が違います。常温保存や冷蔵、冷凍をうまく使いわけてみてくださいね」
 

トマトはビニール袋に入れて野菜室へ

生で食べられるトマトは時短調理の味方。真っ赤な色が食卓に彩りを添えてくれます。
 
【こんなトマトを選ぼう】
肩の部分やそのまわりが、よく張っている固くしまったものを選びましょう。手にとってずっしり重いかも目安に。皮はよく色づいてムラがなく、ヘタ部分は濃い緑色のものを。キズのあるものは傷みやすいので避けたほうがよいでしょう。
 
【おいしく長持ち!保存術】
~完熟トマト~
すぐに食べきる場合は、ビニール袋に入れて口を止め、冷蔵庫の野菜室へ。すぐに食べない場合は、キッチンペーパーにひとつずつくるんでからビニール袋に入れ、口を止めて冷蔵庫の野菜室に入れます。

~未完熟のトマト~
熟し方が足りないトマトは、まずは常温で完熟させてから、キッチンペーパーにひとつずつくるんで、ビニール袋に入れて口を止め、冷蔵庫の野菜室に入れましょう。
 

長ネギはラップとポリ袋で乾燥防止

秋冬は鍋にも欠かせない長ネギ。白い部分は乾燥してしなびやすいので保存に注意しましょう。
 
【こんな長ネギを選ぼう】
白い部分の巻きがしっかりしていて、弾力があるもの。緑と白、それぞれの部分の色がはっきりしているものがよいでしょう。
 
【おいしく長持ち!保存術】
~冷蔵保存~
洗って水気をよく拭き取ってから、使いやすい大きさに切り分け、ラップで包んだものをポリ袋に入れ、野菜室で保存します。

~瓶で冷蔵保存~
瓶の底に2cmくらい水を入れ、適度な長さに切ったネギを立てて保存すると、10日ほどみずみずしさを保つことができます。この場合は、3日に1度、水を替えましょう。

~冷凍保存~








冷凍する場合は、白い部分と青い部分を別々に保存します。白い部分は5~6cmにカットして冷凍保存袋に並べて冷凍。青い部分は全体をラップで包み、冷凍保存袋に入れて冷凍します。使うときは凍ったまま切れて便利。日持ちは約1カ月です。
 

丸ごとキャベツを長持ちさせるアイデア

キャベツは時期によって種類が変わり、4~6月には春キャベツ、7~10月には夏秋キャベツ、11~3月には冬キャベツが出回ります。
 
【こんなキャベツを選ぼう】
葉と葉の間にすき間がなく、葉の巻きがしっかりとしているもの。1玉買う場合は、軽く押して巻き具合をチェック。カットしてあるキャベツは、カット面を見て、芯が上まで伸びていないものを選びましょう。持ち上げてみて、ずっしりと重いものがおすすめです。
 
【おいしく長持ち!保存術】
~丸ごとキャベツ~
丸ごと保存する場合 は、最初に芯をくりぬきます。そこに湿らせたペーパータオルなどを詰め、ビニール袋に入れて冷蔵庫へ。細菌の繁殖を防ぐためにペーパータオルは2~3日で取り替えてましょう。

※ほかにこんなアイデアも!
つまようじを3~4本キャベツの芯にさしておくと、みずみずしさをキープできます。また、おうちCO-OPでは刺すだけで簡単に鮮度を長持ちさせられる専用のピックも販売しています。

~カットキャベツ~
半分や1/4サイズにカットされたキャベツは、ラップに包んだままだと呼吸ができず、速く傷みがちなので、ビニール袋に入れ替えてから冷蔵庫で保存しましょう。

~冷凍保存~
葉を1枚ずつはがし、芯を切り取ってざく切りにし、冷凍用保存袋に入れ、空気を抜いて密封し、冷凍庫へ。保存の期間は約1カ月です。
 

おうちでできる食品ロス削減のヒント

ユーコープがお届けする食の情報サイト「ゴハンのもと」では、組合員や生産者から聞いた食品の豆知識がたくさん!その中から、食品ロス削減にもつながるものを一部紹介します。ぜひご覧くださいね。

大根!白菜!まるごと使い切り術
皮も葉っぱもまるごと味わい尽くす使い切りのポイントや保存方法、活用アイデアを紹介中!

簡単!作り置きおかず
まとめてお手軽食材で冷蔵庫にストックを作っておくと安心♪

□□□□□

野菜を無駄なく食べ切ると、食品ロスを削減でき、家計と地球へのやさしさにつながりますね。どれもほんのひと手間なので、ぜひ暮らしの小さな習慣として取り入れてみてください♪
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。今回の企画が毎日の暮らしにお役に立てれば幸いです。またお会いできる日を楽しみにしています。
ゴハンのもと編集部

※記事内の野菜の保存法に関する情報は、「カゴメVEGEDAY」を参考に作成しています。
VEGEDAYのページはこちら

・[トマト]おいしいトマトの見分け方と、保存のコツ|カゴメ株式会社
https://www.kagome.co.jp/vegeday/yasai/tomato/

・[ネギ]生でも焼きでも!ネギの選び方&切り方&保存方法|カゴメ株式会社
https://www.kagome.co.jp/vegeday/yasai/green-onion/

・[キャベツ]栄養を逃さない料理のコツと保存法|カゴメ株式会社
https://www.kagome.co.jp/vegeday/yasai/cabbage/

・[常備野菜の冷凍保存]ほうれん草やネギなど、生で冷凍するコツ|カゴメ株式会社
https://www.kagome.co.jp/vegeday/store/201803/8981/

・[野菜の冷凍保存]大根、キャベツ、白菜を丸ごと使いきれる保存法|カゴメ株式会社
https://www.kagome.co.jp/vegeday/store/201712/8535/